中央図書館玄関ホールにブロンズ像が寄贈されました

 本学地域教育文化学部文化創造学科の雨宮教授から、去る9月29日(金)に雨宮教授制作のブロンズ像「漣(レン)・96」が山形大学に寄贈され、除幕式と学長からの感謝状贈呈式が行われました。「漣(レン)・96」は、本学の学生に身近に感じて欲しいとの雨宮教授の希望から、中央図書館入り口の玄関ホールに置かれることになりました。

 「漣(レン)・96」は、1996年東京都美術館で開催された第60回新制作展に出品され、高い評価を得た等身大のブロンズ像です。雨宮教授、仙道学長、石島理事、芦立附属図書館長による除幕が行われた後、貴重な美術作品の寄贈により本学の教育文化の振興に多大な貢献をされた雨宮教授に対して、仙道学長から感謝状が贈呈されました。