県立楯岡高校の生徒が見学に来られました

 6月2日(金)午前、山形県立楯岡高校の教諭と図書委員(計15名)が中央図書館を訪れ、図書館職員から、図書館の利用方法の説明、「ゆとり都OPAC」、「紅花の歴史文化館」などの説明を受けました。

 また、図書館と博物館、さらには当日開催中の博物館展覧会<菊子と牡丹と風景と―椿貞雄油彩画作品の科学調査報告展―>も見学しました。

 長時間にもかかわらず、生徒たちは熱心に大学図書館の役割を学んでいました。


図書館の説明を受ける皆さん

「わからないことは遠慮なく
カウンターに聞いて下さい」

「博物館には山形のお宝が沢山ありますよ」

博物館の展覧会を見学する皆さん