図書館システムの更新にともなう新サービス開始と
利用登録のご案内
1.教官向け 2.学生向け
(中央図書館)


1.教官向け  【留意事項】

中央図書館では、システムの更新により下記の新サービスを開始しています。いずれのサービスも、自宅など学外からでも、利用可能です。
3)は、平成12年度から開始。)

1) 貸出状況照会及び予約
担当:情報サービスユニット利用者サービスチーム (内線:4912)
利用者本人が現在一般貸出中の図書の書名や図書 ID、返却予定日などや、予約してある一般貸出図書を OPAC の検索画面から確認することができます。また、他人が貸出中の一般貸出図書に次の貸出を予約したり、自己の予約を解除することもできます。
(いずれも、一般貸出によるものだけが対象です。)
2) WWW 画面での学外への文献複写・図書借用の依頼
担当:情報サービスユニット利用者サービスチーム (内線:4914)
当館で所蔵していない資料の文献複写・図書借用の依頼を、附属図書館のホームページ上から申込むことができます。(参照:利用の手引き)
3) WWW 画面での図書購入の依頼 (平成12年度から運用予定)
担当:学術情報ユニット受入係 (内線:4906)
図書館のホームページ上から、校費による図書(古書及び雑誌のバックナンバーを含む)購入の申込みができます。

これらサービスを利用するには、利用者の登録が必要です。

登録のためには・・・

1) 「教官用図書館サービス利用申請書」に必要事項を記入
  申請用紙は、各学部の総務係または中央図書館カウンターにあります。
2) 請求者本人が、情報サービスユニット利用者サービスチームに提出
  初期パスワードをお知らせください。
その場で、「図書館サービス承認通知書」を発行します。
3) 申請書を提出した翌日から、利用できます。
なお、事故防止のため、最初にパスワードを一度変更してください。ご本人の手で、変更画面 を用いて、変更できます(その後、いつでも)。
  平成11年度内では、「貸出状況照会及び予約」と「学外への文献複写・図書借用の依頼」ができます。


「WWW 画面での図書購入の依頼」は、平成12年度から運用します。サービス開始時期等は、追ってご案内します。
 

2.学生向け 【留意事項】

学生向けには、下記の新サービスを開始しています。
自宅など、学外からも利用できます。

☆貸出状況照会及び予約を、OPAC の検索画面からできます。

  学生の方本人が、借用中の図書の書名や資料 ID、返却予定日や予約してある図書を OPAC の検索画面から確認することができます。また、他人が貸出中の図書に次の貸出を予約したり、自己の予約を解除することもできます。

このサービスを利用するためには、利用者の登録が必要です。

登録には・・・

1) 貸出・返却カウンターにある申請書に希望する仮パスワードを記入し、学生証(利用証)を添えて提出してください。
2) 図書館がシステムに仮パスワードを登録します。
3) 申請書を提出した翌日から利用できます。
なお、事故防止のため、最初にパスワードを一度変更してください。ご本人の手で、変更画面 を用いて、変更できます(その後、いつでも)。
また、パスワードは、絶対に他の人に教えないでください。悪用された場合には、その結果は本人の責任となります。
 

【留意事項(共 通)】

貸出状況照会は、中央図書館で登録すると、各分館での本人の貸出内容も確認できます。

その他、各分館での運用については、各分館に照会してください。