未整理図書の(一時)返却及び整理の途中経過について


中央図書館では、昭和55〜58年度の4年間に受入れた図書のうち、約1万冊の研究費購入図書について、研究者に早く図書を利用していただくために未整理のまま貸出しを行った経緯があります。そのため、これらの図書についてはカ−ド目録が作成されず所蔵を確認する手段がありませんでした。

 この隘路を打開するため、7月15日付で該当の教官(約120名)に未整理図書の(一時)返却をお願いいたしました。整理のため一時返却いただき、中央図書館で蔵書目録デ−タを入力後、再び利用していただくというものです。

9月末現在、31名の教官から1,250冊の返却があり、逐次、整理が進んでいますが未だ全体の10%ほどに止まっております。

なお、返却後、引続きの利用が必要であれば図書目録デ−タ作成後にあらためて貸出ししますので、未返却の方のご協力を是非、お願いいたします。

(担当:目録情報係