学生用図書購入費(学内措置分)の継続と増額が、承認されました。
 

6月9日開催の評議会において、※附属図書館に対し、学部学生用図書購入費として今後継続的に、学生当たり積算校費(大学分)の5.5%を配分することが決定されました。

これは、平成8年度から3カ年計画による学内措置分が、恒久化されたものです。

今年以降の運用については、7月6日開催の附属図書館協議会及びその後開催される各館の運営委員会で審議された後、実施に移され、早急に図書の購入手続きに入る予定です。

 

これまで配架された図書は次のとおり。                 (単位 冊)

 

平成8年度

平成9年度

平成10年度

中央図書館 教養教育

 1,199

1,180

  1,121

 3,500

      専門教育=人文

   415

   399

   393

 1,207

      専門教育=教育

    605

   506

   430

 1,541

      専門教育=理

    325

   312

   248

   885

医学部分館 専門教育用図書

    284

   225

   221

   730

工学部分館 専門教育用図書

   820

   830

   766

 2,416

農学部分館 専門教育用図書

   197

   197

   159

   553

       計

3,845

3,649

 3,338

10,832

※附属図書館:中央図書館(小白川)、医学部分館(飯田)、工学部分館(米沢)、農学部分館(鶴岡)から成る。