学外者の方も目的に応じて図書館を利用できます




このたび制定した「附属図書館学外者利用内規」の要点をご紹介します。
対象者
学術にかかわる研究、調査、学習が目的で来館された以下の方
・本学の旧職員、卒業者、修了者
・「国立大学図書館共通閲覧証」の提示者
・他機関発行の「利用依頼状」の提示者
・本学の「公開講座受講証」の提示者
・「放送大学学生証」の提示者
・館長、分館長の許可を受けた方

サービスの範囲
・図書館にある資料の閲覧
・規程に基づくコピー
・学術的なレファレンス・サービス
・貸し出し(ただし、特に必要と認めた場合)

注意事項
・利用に先立って手続きをお願いします。また、その際には、身分証明書や運転免許証などをご提示ください。
・本学の教育・研究等に支障がある場合は利用を制限することがあります。