山形大学紀要(教育科学) 第13巻 第2号(2003)051-068(145-162)

『一刀斎先生剣法書』訳注及びスポーツ教育的視点からの考察
(1)

竹田隆一, 長尾直茂

剣道の技術に関する名辞は, 非常に難解であり, 円滑な技術指導の障害となることも考えられる。しかし, それは, 剣道のもつ身体観や技術観などの文化的特性のあらわれととらえることができる。そこで, 剣道技術指導書の先行形態である近世の武芸伝書を取り上げ, 技術に関する名辞を考察することによって, 剣道の文化的特性を明らかにすることを目的とした。
本稿では, 一刀流の伝書である『一刀斎先生剣法書』取り上げたが, それは, 一刀流が現代剣道の源流の一つに数えられるためである。ただ, 流祖伊藤一刀斎みずからが書いた伝書というものは現在伝わらず, 一刀流を理解するためには, その門人達の伝書によるしかないのである。そこで, 一刀斎の門人古藤田俊直を祖とする唯心一刀流の伝書『一刀斎先生剣法書』を現代語訳し, 技術に関する名辞をスポーツ教育の視点から考察することにした。その結果, 従来から使用されている「事理」, 「水月」,「残心」,「威勢」の意味内容が明らかになった。なお, 今回の考察は, 全16章のうち5章までである。




Translation with notes of "Ittousai sensei kenpousyo (「一刀斎先生剣法書」)"
and some considerations from the sport pedagogic viewpoint (1)

TAKEDA Ryuichi,NAGAO Naoshige

In this report, we gave the modern Japanese translation to "Ittousa sensei kenpousyo (「一刀斎先生剣法書」)" from chapter 1 to 5, which was written by KOTOUDA Toshisada (「古藤田俊定」), and also regarded as the precedene form of the modern kendo instruction, And we tried to examine the meaning and content of the term of the technology in "Ittouryu (「一刀流」)".
1."Waza (「事」)" does not mean some technic, but shows the movement or motion to achive the maximum result.
2. "Kotowari (「理」)" is the theory which constitutes the movement showing the maximum
mastering. Then, it can be shown by the metaphor "Suigetu (「水月」)", which means the relation of the surface of the tranquil water and the Moon. Here "Kotowari (「理」)" is not limited like "Waza (「事」)" to the world of the kendo.
3. "Zirihuhen (「事理不偏」)", which means the situation combined "Waza (「事」)"and
"Kotowari (「理」)", seemed to be the automatic movement or motion.
4. "Zansin (「残心」)" means the situation reflected the figure of the enemy to himself. It is different from the meaning of the term of the present kendo.
5. "Isei (「威勢」)" is composed of "I (「威」)" and "Sei (「勢」)". "I (「威」)" incluides "Sei (「勢」)", similarly "Sei (「勢」)" incluides "I (「威」)". "Isei (「威勢」)" also potentially receives the theory of the Chinese Taoism (「道家」).



論文PDFファイル (59KB) はここをクリックしてください
Full Text PDF File (59KB)




目次・Contentsに戻る