紅花の歴史文化館トップ > 紅花関係写真等資料

カテゴリ: すべて 受粉 栽培 加工 化粧 旅行記 その他
地域:  日本 インドボンベイ デカン パキスタンエジプトアスワン カイロアフガニスタン ローマ トルコ エチオピア 中国 スーダン アメリカ

[分類] 花
41件
  1. ベニバナの草姿(エチオピア産) [花]
    入手した種子を山形で播種したもの。最上紅花に似ている。

  2. ベニバナの草姿(トゲなし種) [花]
    総苞にトゲが無く、花摘みしやすい。

  3. ベニバナの花器の構造(蕾の中の小花) [花]
    若い蕾を縦断して電子顕微鏡で見ると、キノコのような小花が並んでいる。

  4. ベニバナの花器の構造(花頭の縦断面) [花]
    終花期の花頭(花の集合)を縦断したところ。

  5. ベニバナの花器の構造(小花(子房)) [花]
    花(花頭)から一つ一つ小花を取り出してみると、基部に子房(タネ)が出来ている。

  6. ベニバナの小花の構造 1 [花]
    開花期のベニバナの花頭(花べんと雌、雄ずいを持つ小花群)

  7. ベニバナの小花の構造 2 [花]
    小花の先端部分(下に子房がある)。花摘みではこの部分を摘み取る。

  8. ベニバナの乾燥花べん(乱花):チベット、中国 [花]
    チベット産の蔵紅花はベニバナではなく、サフラン雌ずいの乾燥したものだった。

  9. ベニバナの乾燥花べん(乱花):トルコ、スーダン [花]
    産地によって乱花(乾燥花弁)の色は違っていた。色素量の差か、調整法の違いか?

  10. ベニバナの花弁細胞内の赤色色素(カルサミン) [花]
    光学顕微鏡でとらえた花弁細胞内のカルサミンの分布。(多少不鮮明)