中央図書館で平成11年度事業計画を策定


 中央図書館では附属図書館の平成11年度事業計画を受けて、附属図書館小白川地区運営委員会に諮り、同じく(1)サービス、(2)蔵書の整備・管理(3)マネジメントの3点に区分して改善・充実を図るため、中央図書館固有の事情を加味して、以下の平成11年度事業計画を策定しました。
今後、実現方策を含めた検討を進める予定です。

関係部局等のご理解ご協力をお願いいたします。

A.サービス
(目標)サービス内容を充実し、使いやすい環境に改善する

1.オンライン情報提供サービスの提供
(1)Current Contents ネットワークサービス維持対策の検討
経費負担の可能性の検討
(2)電子ジャーナルのトライアルサービスの実施・評価

2.広報活動の展開・強化
(1)広報体系の再編成
・印刷物と電子媒体の使い分けにより、適切な情報を適切な手段でタイミング良く実施する
(2)ホームページの充実
・広報の主力媒体を、ホームページと電子メールの電子媒体へと紙からシフトしていく
(3)館内サイン計画(案内表示)の点検・整備
(4)英語による広報の強化
・館内表示、広報資料・ホームページなど
 
3.図書館利用ガイダンスの充実
(1)体系化と優先順位の確認
・対象者別・紹介内容別、ガイダンス方法別等でチューニングして実施
 → レビュー →改善
   利用者の多様なニーズに対応したガイダンス方法の開発とその実施 
(2)授業へのサポートの定着・改善
・情報・文献入手技法の体系的紹介、図書館のサービス内容など経験を積む
 
4.接遇・インタフェースの改善
・大学図書館に相応しい内容の開発

5.設備・館内外の環境の改善
  ・空調設備の整備
  ・ニュー・メディア・コーナー(NMC)の整備
   例)PCの増設、インターネット利用環境・サポート環境の整備
  ・閲覧テーブルの更新
  ・閲覧室内静穏化の工夫
   例)閲覧室通路への絨毯敷設

B.蔵書の整備・管理
(目標)利用できる資料・情報の範囲を拡大し、既存の蔵書を再開発する

1.蔵書の整備充実
(1)学生用図書
・授業との関連性強化
・蔵書構成の調査・対策の立案
・購入雑誌(国内誌)、開架雑誌の見直し
・参考図書の計画的充実方策の検討
(2)研究用図書・情報
人文・社会科学系特別図書の調整購入(2年目)
・オンライン情報提供サービスの充実(再掲)
    a) Current Contents ネットワークサービス継続体制の確立
    b) 電子ジャーナルのトライヤルサービスの実施・評価
    c) 電子ジャーナルへのアクセスの改善
       例)ホームページへのリンク集掲載
・外国雑誌購入調整の検討

2.蔵書点検
高橋里美文庫(約1,800点)を予定

3.蔵書データベース OPAC(Online Public Access Catalog)の充実
遡及入力=書庫内の人文社会科学分野の蔵書を中心に継続 
  5年計画で100,000冊超を目標 ←6,000冊から改訂 (2年目)
・未整理図書の整理促進(2年目)
 
4.国内雑誌所蔵データの点検・整備
・学術情報センターの全国調査への協力
 
5.貴重書・古文書の環境整備
・補修、目録データの再調製・解題等
・保存環境の整備
 
6.館内資料の再配置
・増加・改装等によって不可避 

7.発注ー受入ー整理プロセスの迅速化
・業務分析と情報システムの開発
・データの整備


C.マネジメント
(目標)運営上の課題を着実に解決する 


1.着実な図書館サービス改善
・長期的な整備計画を視野に
・ニーズと活用できる資源を適切に反映して
・附属図書館協議会及び小白川地区運営委員会で課題と解決方策を審議決定
・目標の設定、サービス、蔵書、施設、職員、財源確保、マネジメントなど
 
2.中央図書館の機能発揮
・問題提起
・連絡調整

3.中央図書館の電子化の着実な展開
(1)電子情報サービス
(2)蔵書の電子化(再掲)
・遡及入力の継続(5年計画の2年目)、未整理図書の整理促進(2年目)
(3)次期コンピュータ・システム導入(平成12年2月移行予定)
(4)業務システムの改善
(5)施設環境の整備
   など

4.合理的な業務処理方策の追求
・事務改善の一環として
・迅速かつ確実な処理の実現
・事務組織見直しのための試行に参加する(総務係関係)
・基礎資料として図書館データ集の作成

5.図書館職員の養成・確保
(1)学問分野(2)図書館業務(3)情報技術・情報リテラシー(4)語学力
などの研鑽、能力向上
 
6.平成12年度情報公開法施行への対応準備
・文書の点検・整理

7.執務環境の整備
電子環境など

8.
「山形大学における環境保全のための率先実行行動計画」の推進