附属図書館で平成11年度事業計画を策定


附属図書館では(1)サービス、(2)蔵書の整備・管理、(3)マネジメントの3点に区分して事業計画目標を設定し、附属図書館協議会に諮った上で、以下の平成11年度事業計画を策定しました。今後、検討が進み準備ができ次第、順次実施に移すことになります。全学のご理解ご協力をお願いいたします。
なお、
中央図書館では、これを受けて同じく平成11年度の事業計画を策定しています。

A.サービス
(目標)サービス内容を充実させ、使いやすい環境に改善する

1.オンライン情報提供サービスの充実
(1)Current Contents ネットワークサービスの継続体制の確立
・サービス・エディション拡張の可能性の検討
(2)電子ジャーナルのトライアルサービスの充実

2.広報活動の展開・強化
(1)広報体系の再編成
・印刷物と電子媒体の使い分けにより、適切な情報を適切な手段でタイミング良く実施する
(2)ホームページの充実
・既存ホームページの充実
   ・農学部分館ホームページの開設 
(3)館内サイン計画(案内表示)の点検・整備
(4)英語による広報の強化
   ・館内表示、広報資料・ホームページなど
 
3.図書館利用ガイダンスの充実
(1)体系化と優先順位の確認
・情報リテラシー教育の一環としての位置づけを目指す
(2)授業へのサポートの定着
・情報・文献入手技法の体系的紹介、図書館のサービス内容など
(3)利用者の多様なニーズに対応したガイダンス方法の開発とその実施
 
4.接遇・インタフェースの改善
・大学図書館に相応しい内容の開発

5.設備・館内外の環境の改善
  ・自動入退館装置、自動貸出返却装置の更新
  ・空調・網戸の設置
  ・情報システム機器の増設・充実
  ・工学部分館増築関連の整備

B.蔵書の整備・管理
(目標)利用できる資料・情報の範囲を拡大し、既存の蔵書を再開発する

1.蔵書の整備充実
(1)学生用図書
・平成11年以降の整備方策の確認と実行
・系統的な整備体系の開発・実施
(2)研究用図書・情報
・人文社会科学系特別図書の購入調査(2年目)
・オンライン情報提供サービスの充実(再掲)
    a) Current Contents ネットワークサービス継続体制の確立
    b) 電子ジャーナルのトライヤルサービスの実施・評価
・外国雑誌購入調整の検討
・学内外への異動に伴う蔵書の取り扱い方針の検討
(3)ネットワーク上の情報サービス情報源の開発・提供
 ・ホームページから紹介・利用仲介
 
2.蔵書データベース OPAC(Online Public Access Catalog)
(1)遡及入力の推進
・中央図書館で、人文社会科学分野の書庫内蔵書を対象に継続実施 
   (5年計画で100,000冊超を目標 ←6,000冊から改訂、2年目)
(2)学内所在表示の再検討
 
3.国内雑誌所蔵データの点検・整備
・学術情報センターの全国調査への協力
 
4.貴重書・古文書の環境整備
・補修、目録データの再調製等
・保存環境の整備
 
5.館内資料の再配置
・増加・改装等による 

6.発注ー受入ー整理プロセスの迅速化
・業務分析
・データの整備


C.マネジメント
(目標)運営上の課題を着実に解決する 


1.着実な図書館サービス改善
 ・長期的な整備計画を視野に
・ニーズと活用できる資源を適切に反映して
・附属図書館協議会で過大と解決方策を審議決定
・目標の設定、サービス、蔵書、施設、職員、財源確保、マネジメントなど
 
2.中央図書館・分館の連携の強化
・全学的な業務分担の明確化 
  
3.施設の改善
・蔵書スペース、閲覧座席等の拡充整備
・増築後のリファイン(工学部分館)
・増築概算要求(医学部分館)、増築計画の立案(農学部分館)

4.電子図書館(図書館の電子化)の着実な展開
(1)電子情報サービス
(2)蔵書の電子化(再掲)
・遡及入力の継続(5年計画の2年目)
(3)次期コンピュータ・システム導入(平成12年2月移行予定)
(4)業務システムの改善
   など
 
5.合理的な業務処理方策の追求
 ・事務改善の一環として
(1)各館業務分担の調整
(2)事務処理効率化の追求
 
6.図書館職員の養成・確保
(1)学問分野(2)図書館業務(3)情報技術・情報リテラシー(4)語学力
などの研鑽向上
 
7.平成12年度情報公開法施行への対応準備
 ・文書の点検・整理

8.「山形大学における環境保全のための率先実行行動計画」の推進 
 


*「附属図書館」・・・・中央図書館(小白川)、医学部分館(飯田)、工学部分館(米沢)
            農学部分館(鶴岡)で構成。